2019年12月03日

シリーズ学祭「モッフル奮闘記~あの成功は如何にして生まれたか~」

おはようございます。こんにちは。こんばんは。お疲れ様です。やっさんです。


今、自分は忘年会の部誌を作っていて、ただ今構成を考えている最中です。その中で、ぜひ「学祭」についても章を設けようと思ったんですね。なんせ、今年始めた一大イベントだし、「部」としての活動なわけだから、うってつけの話題じゃないですか。

ただ、一つ問題がありまして、ソースが無いんですよ。文章がない。誰かが学祭についてブログを書いた訳でもないし、目標とか、各部員の意気込みとか、反省とかがある訳じゃないし、残ってるのは、ちょっと気まぐれに撮った写真と立替レシートだけ(笑)。まぁその場のノリで決めて、勢いでやってたから当たり前なんだけど。

てなことで、どうするのかというと... 自分が書く!!

そのノリと勢いやらを必死に思い出して書くことにしました。嫌じゃないんで、文章書くのが。寧ろ好きかな?
主観がたくさん入ってますが、まあ部誌作ってるのに免じて、許してください(笑)。あぁこんな感じだったなーって
思い出してもらえれば嬉しいです。

そこで、一生懸命書いて部誌に載っけて はい終わり だと寂しいのでここにも載せることにします。学祭こんな感じで進みましたよー
って他の大学の人も見れますし。ってことでこの投稿に至ります。是非よかったら読んでください。

(ちなみに、いつも部誌にこのMOSQUITOブログも載っけているのですが、この投稿に限っては本編と学祭の章が一緒になっちゃうので
載っけないという、ややこしいことになります。MOSQUITOのwolken受け取る人で、ネタバレしたくない人は、本編を飛ばして後書きに行ってくださいm(_ _)m



----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
↑前置き↓本編
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(今年行われた学祭ついて経緯等を、wolkenの中の人がブログ形式でお届けします。)



<1>

事の発端は確か6月末、とあるカワセミの子からの一言。

「え?!学祭やらないんですか?!やりましょうよ!!!!」

横国には、学祭が二つある。清陵祭と常盤祭。横国は昔キャンパスが移動したので、その時の名残らしい。清陵祭は何もしなかったよと、その横市医学部インカレ生の小暮君に伝えると、突如返事が返ってきた。
是非とも常盤祭は何かがしたい、いや、タピオカがやりたい。常盤祭で、タピオカを売りたい。

あまりの熱量に、一緒にいたMOSQUITO部員は一瞬、頭を抱えた。なぜなら、この部は、「学祭?そういえば今週末か。飛びに行こ\(´ -`)/ 」が当たり前だったからである。そこで、その議題は一旦もち帰り、(確か)ミーティングで話し合った。やりたいか、やりたくないか。
まぁやってもいいんじゃない?そんな意見が多かった気がする。

流れで学祭担当を決めることになり、かずとなつきが引き受けてくれた。
次は、何をやるか。食べ物を売るのか、売るなら何がいいか。VRで飛び体験をするという意見もでた。とりあえずたくさん案を出そうと話し合っていたところ、そうだいが餅ワッフルという提案をした。他の部員はほとんど餅ワッフルについて知らなかったのでキョトンって感じ。説明を聞いて、だいたいを把握。締め切りが近いこともあったので、なんとなくそれになった。
(ちなみにタピオカは、規制が厳しいという事でいち早く没になりました)

九月末までに、レシピや使う器具を確定させなければいけなかったので、夏休みに足尾で試食会をやろうという話になった。ただ、ワッフルメーカーをどうするかという問題があり、旅行があり、大会があり、結局グダって、8月は何も動かなかった。流石にやばくね?ってことで、急遽試食会を9月中旬に開催。肝心のメーカーは発案者のそうだいがとりあえず買ってくれた。



<2>

第一回試食会。カワセミ3人と自分。エレジーは来るって言ってたのに来なかった。んがぁー。昼頃正門に集まり、マイバスといなげやで買い出しをし、そうだいの家におじゃました。

試食会の目的は二つ。味を決めることと、作り方を確立すること。味に関しては、チョコレート・キャラメル・シナモン・あんこ・きなこ・チーズ・キムチ・はちみつを試すことに。作り方は、切り餅を半分に薄く切って2つにし、水に入れてレンチン。終わったら片方をメーカーに乗せ、味をのっけてもう片方で挟む。蓋をして電源を入れ、いい感じになったら出来上がり。

真面目にやりつつ、味混ぜてふざけつつ(さかなるプロデュース「チーズあんこキムチ味」)、クレヨンしんちゃん見て休憩しつつ(「テレビが壊れたゾ」)、半日かけて夕方に終了。4人で一袋食べきったので流石にお腹いっぱいになった。おつかれさま。じゃあねー。

浮かび上がった問題点は4つ。
1.浸す水の温度によって餅の柔らかさが変わってしまったり、挟む具材の水っぽさがまちまちだったりして、
 焼き時間が決められない。だから、同じ要領で量産できない。
2.ワッフルメーカーがベッタベタになる。ベタベタではなくベッタベタ。洗うの大変だったよ。
3.具材が焼いている最中にあふれ出してしまう。味にムラができるだけでなく、全体的に薄くなる。
4.そもそもワッフルって具材挟むっけ?隙間なくね???

第一回はこんな感じで、全然先が見えなかった。ホントに学祭やるのかなぁ・・・

とりあえず使う食材を10月頭までに決めないといけなかったので、ミーティングで投票を行った。試食会の報告も行い、その結果、チョコレート・キャラメル・あんこ・きなこ・チーズ・はちみつが残った。とりあえず次の試食会のためにそれらをメモ。生協から借りる備品の予約も締め切りが近かったので、必要なものを確認して申請した。
(この辺は本当にかずとなつきに任せっきりだったね。ごめんなさい!助かりました!!)

冷蔵庫を借りるのはは大変そうだったので辞め、その類の食材は使わないという
方針にした。「じゃあチーズは無理ですね~。」

2019-09-15 13.22.26.jpeg
(↑初代モッフル職人 なつき)



<3>

後先見えないまま食品と備品の申請を終え、10月半ば、第二回試食会。
人数も増えてみんなでワイワイ。メモを見ながら買い出しを終え、そうだいの家に再びやってきた。翼人さんがモッフルについて調べていたところ、どうやらレンチンしなくても上手に焼けるらしい。あと、SEIKINも昔モッフルやってたらしい。じゃあレンチンせずに試してみよう・・・


< < < 革命 > > >


第一回で苦労してた問題が全部起きなかった。焼き時間が5分で統一できる。ワッフルメーカーがベタベタにならない。具材も溢れず
上手く挟める。多少味のムラはあるけど、ほぼ完璧だった。やった!!兆しが見えてきたぞ!!

次は味について。
「チョコレートは味がうすい」
「あんこは無難すぎるか?」
「てか、きなこはどうやって使う?」
「ハチミツ微妙?」
そんな中、満場一致で言えることが一つあった。


< < < チーズうめぇ > > >


唯一塩気のある味だったからか、皆が口を揃えてそう言った。よっしゃ本番出してしてやろうと意気込んだが、無理だった。
「あれ、チーズ無理なんだっけ?」
「無理ですね~」
「冷蔵庫うんぬんでダメになったのか」
「なんで買ったんだっけ」


< < < 買い物メモ更新してなかった > > >


残念。チーズ諦め。美味かったのになー。

次は量産について。
一台のワッフルメーカーでモッフルを2つ焼くことができる。そして、一回焼くのに5分かかる。ワッフルメーカーを何台用意するか、
それは業者から借りるのか、誰かが買うのか。買うならば自費なのか部費から出すのか。モッフルは作り置きできるか。冷めてもおいしいか。
保温機があったとしても、食感は維持されるか。

話し合いの末、ワッフルメーカーはエレジーと小暮が追加で買う事になり、合計3台で店を回すことになった。また作り置きに関しては、モッフルをしばらく常温放置するとサクサク感が落ちて普通のお餅に近づいてしまう事がわかった。ただ、保温機の効能が当日にならないと分からなかったので、当日どれだけ質が落ちるかは何とも言えなかった。また、焼く前に味を挟むとなると、ただでさえ生産効率が悪いのに、注文された味がなければ提供できないってことになるので、焼いた後に味を挟む方がいいんじゃないかという結論に至った。

2019-12-03 20.57.02.jpg
(↑第二回試食会の様子)
2019-12-03 20.57.08.jpg
(↑試作段階のキャラメル味。焼く前に味を挟むとこうなる。)



<4>

てことで、第三回試食会。
目的は、パンフ用の宣材写真の撮影と提供方法の確立。初めは、今まで通り誰かの家でやる予定だったが、夏休みに足尾で試食会やるつもりがやってなかったので、そのリベンジで足尾でやることになった。ワッフルメーカーや材料をヨシダに積み、10月最終週に皆で足尾へ。

土曜日、夜ご飯の後に行う予定だったんだけど、正直、自分はちゃんと参加しなかったのでよくわかりません!!だって、同期と夜飯食べて帰ってきたら、シェフ(そうだい)がカレーパーティー開いてたんだもん。カワセミ仲良さそうでよいですね~(´ ∀ `)

ただ、宣材写真については少し口出させていただきました。カワセミの子が一生懸命ジェンガを組み立てて背景を作ってくれてたので、それをバックにパシャリ。せっかくお餅が白いのに、白いお皿に乗っけちゃったし、背景の床やジェンガは薄茶色だったから、あんまり映える写真ではなかった。だけど、締め切りも迫ってた(その日の0時までw)から妥協して提出した。本当はこの時までに、提供方法を完成させなきゃいけなかったんだけどね。

そんな感じで帰宅。全然収穫なかったなぁと思っていたんだけど、何と、実は芳賀さんが(多分次の機体来る前にDISCUS売っちゃったから飛べなくて暇だったので)日曜日にこっそり試食会やってくれてました!!!わーい!

「やっぱり味は全て後から挟む」
「チョコやキャラメルは全てソースを使う」
「バーガー袋的なものに包んで提供する」ことが一気に決まった。らしい。肝心の味は、チョコ・キャラメル・はちみつ・あんこきなこの4つに確定。あんこときなこを一緒にしたのが肝ですかね。そして、そうだいがソース類やバーガー袋を既にAmazonで注文してくれてました。ありがとう!


ここにきて、ようやく完成形に近づきました。学祭の一週間前。ギリギリだったなあ・・・

2019-10-27 00.35.59.jpeg
(↑カレーを作り終えて力尽きた そうだい)



<5>

注文したものが木曜日に届くというので、その日に最後の試食会を開催。学祭開始の二日前。お客さんに出す最終形を考える。
放課後集まって買い出しをし、今度は芳賀さんの家へ。チョコソース・キャラメルソース・はちみつ・あんこ・きなこ・バーガー袋、全てが揃っていた。

早速メーカーを温め、モッフルを焼き、まな板の上へ。

どういう風に切る?やっぱ斜めかな。三角形にして、ソースかけて、挟んで、バーガー袋に包んで・・・・・



「これいけるんじゃない?」



そうだいの注文したバーガー袋がオシャレだったこと・あんこを挟んだモッフルの断面が想像以上に綺麗だったこと・袋へのおさまりが良かったこと、色んな要因が重なって、クオリティが激増した。

この時、完全に空気が変わったのを覚えている。今まで不安要素が多くて、学祭に若干悲観的だったけど、もしかしたら成功するんじゃないか、某大学のポップコーンみたいな失敗はしないんじゃないか。そんな期待が一気に広まった。せっかくなら写真を撮ろう、ということで宣材写真をパシャリ。これがあのツイッターの写真になるわけですね。たくさんのいいね、ありがとうございました。

最後に、肝心な値段設定について。

試食会代、レンタル代、保証代、全部含めると60000円くらい。結構かかったねぇ。まあ初めてなので少しハードルを落とすとして、その3分の2の40000円を回収したいとなると、200個売る前提で、一つ当たり200円がベース。材料費は一つあたり50円かかっているので、250円が最低価格になりそう。利益を上げたいとなると300円が妥当かなって思った。もちろん200個以上売れれば、60000円全てを回収できるわけだし、さらに売れれば儲けたことになる。利益が出たら打ち上げいこうね。


これにて、計四回にわたる試食会が終了!翌日の金曜日に備品の買い出しをして、土曜日、いよいよ本番です!!

2019-10-31 18.47.10.jpg
(↑ツイッターに上げたモッフルの宣材写真)



<6>

11月2日、各自必要なものを持ってきて、拠点となるメインストリートの入り口に8時過ぎに集合。テントを設営し、備品を借りてお店作りをした。メニュー張ったり、看板立てたり、倉庫に埋もれてた机を引っ張り出してきたり笑。結構いい感じじゃない?

準備ができ次第、学祭担当のチェックを受けてから営業を開始できるらしい。チェックを受けるまでに、何回かお客さんがきました。

「もうやってますかー?」
「ごめんなさい。まだチェック待ちで・・・」

なんだか幸先よさそうだね!学祭担当早くきてーーー!!!

なんやかんやあって結局13時半くらいに営業開始。既にメインストリートには人がたくさんいて、けっこうな勢いでお客さんが来た。すごいすごい!想像してたのと全然違う!!全然生産が間に合わなくて、待ってもらったり整理券渡したりしてなんとかやりくりした。その結果、一日目の売上はモッフル約110個!!やったーー!!!このペースだと余裕で200個超えるぞ!

流石に11月にもなると日が落ちるのが早くて、17時くらいから暗くなってきた。学祭担当から電気の配線と電球のソケットは支給されたんだけど、電球自体は各自で用意するものだったらしく、誰も知らなかったので持ってきてなかった。だから、17時半くらいにはうちのテントだけ他の店と比べて明らかに暗く、装飾も相まって呪いの館と化した。売れてるからいいっしょってことで早めに店を閉めることに。18時解散。ホワイト企業の鑑・・・!

お店の締め方にもルールがあって、開封済みの材料は持って帰らないといけないとか、発電機はテントの中に入れないといけないとか、見張り番を付けないなら入り口はスズランテープで閉じないといけないとか、結構厳しいんだよね。ホントにチェックしてんの?って思うかもしれないけど、ホントにチェックしてます。だって、クーラーボックスに入れてたチョコソースは、翌日見事に亡くなってましたから。ちーん。
(おかげで2日目以降チョコ味が無くなりました)

帰りに近くのファミマに行って、反省&作戦会議。
生産が追い付かないことが課題にあがった。もともと調理時間が長いってのもあるけど、発電機を許容量ぎりぎりまで使ってたから出力が弱くなって、モッフルが5分で焼けなかったのが原因だった。このままでは効率が悪くてもったいないので、調理方法を変えることにした。ワッフルメーカーを一つ減らして電子レンジを繋げ、以前やったように、柔らかくしてから焼く。後から挟む方式に変えたから、多分上手くいくだろう。

そうそう、(多分この日に)OGの方々がきてくれました!のんさん、じまこさん、はまさん。
わざわざありがとうございました・・・!差し入れの焼き鳥おいしかったですよー!



11月3日、学祭二日目。芳賀さんが家から電子レンジをもってきてくれた。

午前中はあまりお客さん来なかったね。やっぱモッフルはおやつじゃなくてご飯かな?笑
ちょっと心配だったけど、お昼からは一日目のように大盛況!材料もたくさん買ってきたけど全然たりなかった!夕方には、その日の売上だけで200個超え。打ち上げ確定!やったね!味別でみると、あんこきなこが一番売れてたかな。キャラメルとはちみつは同じくらい。個人的にはキャラメルが一番美味しかったので少し意外だった。

明日もあるし、電球また忘れたし、早めに解散しましょう。学祭自体は夜9時までやってるんだけど、うちは余裕の18時解散。ホワイト企業の鑑・・・!


今日あったイベントは二つ。
一つは、翼人さんの親御さんが来てくれました。頼んだ味はあんこきなこだったかな。パパのパパとパパのママですね。
手土産でお菓子をいただきました。ありがとうございます!ミーティングのとき皆でつまみました。おいしかったです。

二つ目は、モッフルについて。終わり際に団体の人が来て、10個くらい頼んでいったんだけど、待ち時間の会話が衝撃の事実をもたらした。
「楽しみだなぁ」「てかモッフルってなに?」「なんだろう」「モ、モ・・・モナカじゃね?」「あー確かに。モッフルのモってモナカのモか」

  
< < < モナカ疑惑 > > >


いや、言われてみれば餅ワッフルというより餅モナカだなぁ。道理であんこきなこが売れるわけだ・・・



11月4日、学祭三日目。この日は自分がシフトに入っていなかったので詳細わかんないです。ごめんなさい。
前二日同様にたくさん売れたことと、上さんが来てくれたことは把握しました!

売上は十分だったので14時に営業終了!おつかれさまでした!!ホワイ(ry
(とはいえ、片づけをしなければいけなかったので来れる人は全員集合(自分もここで合流)。掃除したり備品返却したりして、終わったのは17時くらいだった。)

さあ、気になる3日間の総売上は・・・・・


< < < わかんない!!けど多分4万くらいの黒字!! > > >


はい。ちゃんと正確に数えてなかったんですね。特に一日目はスタートダッシュがすごかったもんで誤差がいっぱい。1個で300円、2個で500円にしてたから数えづらかったってのもあるし、忙しくて数え漏れがあったてのもある。途中でたくさん材料も買い足したし、値段もまちまちだった。正確に言えることは、黒字だったということ。ま、それならいいんですけどねっ!!


(ちなみに学祭の間、帰りに業務スーパーで買い出しを行っていました。スーパーからしたら、毎日終わり際に1kgのお餅6袋とこしあんを大量に買っていく謎の20代男性。完全に変出者ですね。3日目に関してはこしあんが在庫切れでした。僕らのせいです。ごめんなさい笑。)

2019-11-02 15.28.59.jpeg
(↑お店の外観。保温機の白熱灯が温かい空気を演出。)
2019-11-02 15.28.59.jpeg
(↑我らが画伯 エレジーが描いた黒板アート)



<7>

打ち上げだあぁぁーーーーーーーぁあああっ!!!!!
別日にするか迷ったけど、やっぱ当日よねっ!!横浜まで歩いてお腹を減らして、焼肉店へGO!!
売上はほとんどこれに使ったよ。部費に残したってすぐ消えるしね!美味しかったぁーーーーーー!!!!!!!!!

2019-11-04 19.29.49.jpg2019-11-04 18.07.52.jpeg
2019-11-04 19.05.18.jpeg
(↑地上で成功した足尾人の豪遊)


ってことで、来年もやる?

いや、それはまだわかんないぜ。


(力尽きたので終わります。長々読んでいただきありがとうございました。)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
↑本編↓後書き
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

はぁ。やっと書き終わった・・・
読むとあっという間なんだけど、書くのは3週間くらいかかりましたねぇ。学祭中に起こった小ネタは全部仕込めたと思うんで、楽しんで読んでくれたら嬉しいです。

書いている内にどんどん思い出して、書きたいことが増えていくんですね。それがブログの面白いとこで、多分書いてなかったら思い出してないんですよ。思い出さずに、消えていく。それって寂しいじゃないですか。こうやって書き留めて、部誌として残して、OB・OGになって忘れたころに「うわー懐かしっ」って思い出せたら、大成功です!



ってことで終わります。おやすみなさーい

(.....ってあれ、そういえば夏合宿もあったっけ。誰もブログかいてねぇなぁ・・・)
posted by やっすん at 21:54| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

はっつとびー♪

お久しぶりでーす。 カワセミのはらだそうだいです。
今日報告したいことは
​初飛び
​ができましたー。
まあ、初飛びは物語で言うプロローグみたいなものですしー、そんなはしゃぐことじゃ無いと…
ごめんなさい、嘘です。めちゃくちゃ心の中ではしゃいでます笑笑。
いやー、長かったーなー。上段飛んだのは8/11そこから3ヶ月かかったのかー、伸びたねー。上段飛んだ後、あまり行かなかった?行けなかった?どっちもあった気がする。単純に上手く無いのもあるけど。初飛び一番乗りしたかったから悔しいけど初飛びした人に対して単純におめでとうって気持ちにもなるからいっかー。これからいっぱい足尾に来て同期や、先輩と一緒に飛べるの楽しみだなー。これからよろしくお願いします!

ここからは初飛びの感想
午前に講習してインストラクターの北野さんに初飛び許可をもらい、午後から機体を持ってテイクオフ場へGo!。そしたら、風が良く無くて飛べないかなーと思ったら別のテイクオフ場、cooのテイクオフ場で飛べることになりましたー。
FDDE2F35-55CF-4B4E-ABBF-24B90AC7204B.jpg
テイクオフ場はこんな感じ。この弧を描く感じの斜面が大変お洒落でしたー。いよいよ自分の番!少し緊張してたかなー。でもやることはいつもどおり、テイクオフをしっかり決めて、いざ空へ!
空で飛んでる感想は、凄かった。何がすごいって本当に自分の体が機体に吊るされて空中にいること。そんなの講習場でも体感できるでしょって思っている人も実際に空を体感したらわかる。滞空時間が長いから空からの景色を楽しむ時間があるし、それ故に今自分は空を飛んでいるんだって言う自覚が持てる気がする。しかも風の煽られ具合も上段と違ったかなー。でも滞空時間が長いから機体の傾き修正できたー。景色も楽しみつついよいよランディング!予習はしてても実際に竹林とか橋とかってどこっ?ってなった笑笑。無線聞いてここが橋で竹林なんだー、このへんで旋回すればいいんだーとか分かったー。みんなの方に向かってランディング。理想のランディングしてやろーって思って意気込み入れてたら、まさかのボディラン…恥ずかしーーーーーーーーっ!初飛びできて嬉しい気待ちあったけど恥ずかしい気持ちの方が上だなー笑笑。まあ、次からボディランしなければいい!余裕余裕(白目)
初飛びおごりは8月くらいから初飛びおごりはここって決めてたHANAUMAって言うハワイ料理が食べれるレストランに行きましたー。
F29A25E7-60FE-4010-A97C-E337C23F2608.jpg
間違いなく上手いでしょ笑笑。リブとサーロインステーキを頂きました!芳賀さんありがとうございました😊 なんかねーリブステーキは肉じゃなかった笑。ほろほろでフォークで簡単に崩れるし柔らかくて大変美味!初飛びおごりにオススメ!

年内の目標はフローター卒業!とりあえず公言しといてこのブログを読んでる人に認知してもらって自分が達成出来なかったら恥ずい状況作ろ笑

とりあえず、初飛びできてよかったです!自分を育ててくれたインストラクターの方々、サポートしてくださった先輩方、煽りまくってくれた同期笑笑、に感謝します。これからも飛び続けて空を楽しみたいです!!!
posted by 横国モスキート at 22:27| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年11月11日

みなさんはじめまして!パラ講習始めました!

機体を失ってはや一ヶ月半…
その間私はなにをしていたのだろう。
あの日のあの行動を後悔したことは、ない。
ただ、あの判断は間違いだった。
そこから、ひいては自分の人生において、何かいろいろと間違いを犯しているのではないかという気さえしてくるのだ。


はい!みなさんこんにちは!
横国3年のがっちゃんです!はじめまして!
代はマンタで、昨日からパラ講習を始めました~
これからよろしくお願いしますm(-_-)m


なぜパラを選んだかというと、それは
・テイクオフしたらすぐにサーマルある
・場の風がなんであれ大抵東に出れる
・セットアップ楽
・飛んでる最中、自撮りとか食べ物食べたりできる
・ハイクアップしたい
・持ち運びが楽
な点に惹かれたからです!!
(あれ、これは僕の言葉なのか…?)


以下実際に講習してみた様子を記すというか備忘録!

ラインチェック
・ラインは上からA、B、C、ブレークコードの順
・途中でねじったりしないようにライザーを持った手の方向は一定
・最初は各ライン動かして大まかに絡みをとり、その後各ラインのチェック
・ブレークコードひっぱってトレーディングエッジのばす
・カラビナが起きてる状態で、Aライザーが外側向くようにつける
キャノピーの広げ方
・風と正対するようにおく
・左右対称に扇型に広げる
・真ん中から外側に順々にエアインテークをつまみながらしわを伸ばす
・端っこつまんでエアインテークを起こす
教訓 : 立ち上げが上手くいくかどうかはセットアップでほぼ決まる。

立ち上げ
・ハーネスを着る
・ライザーをうでにのせる
・ブレークトグルをもつ
・Aライザーの上部の赤と黒の境界線あたりをもつ
・腕のかたちはすしざんまいみたいな
・腕は広げた方が力ぬけていい
・風向き、自分、パラの中心が一直線になるように立つ
・左右のAライザーのテンションが等しくなるように、異なる場合は張ってる方に動く
・真正面をみる
・グッと加重をかけてパラを頭上にこさせる
・パラが頭上に来たのをカラビナの引っ張られ具合から感じとってAライザーを離す
・頭上のパラを目視、このとき足はとめない、加重やめない
・正面を見る
・弱風時の立ち上げは出だし力強く、立ち上がったらパラが頭上に来るのをスピードをちょっとゆるめて待ってあげる

走る
・ぴょんぴょん走るとパラがゆれたりテンションが抜けるので、腰の高さを変えずに走る
・腕が下がるとブレーキがかかっちゃうので基本立ち上げから高さ一定
・結構前傾
・方向を変える時は行きたい方向のブレークコードを引く

傾き修正
パラの真下にいるように
・機体があがった方のブレークコードを引き、下がってる方の手は上げる
・スピードのってるとその分安定するので、修正に気を取られて走るのやめない

止まる
両手を下に引き下げる、すなわちフルブレーク
・フルブレーク後も歩き続ける
・パラの動く方向によってく
・振り返るのはパラが頭上にあるとき
・片方のライザーをくぐって振り返り機体を絞って帰る

反省&課題点
Aライザーを離すタイミングがドンピシャじゃない
→カラビナが真上に引っ張られる間隔を身にしみ込ませる
・走ってる途中で腕が下がりブレーキかかっちゃう
→とにかく腕の高さ一定をつよく意識
・傾き修正の精度が低い
→数やって慣れろ
・修正中も走るスピード落とさず
→これも強く意識する
・立ち上げで傾いた時の修正の経験が少ない
→数やる


感想
まだちょっと浮いたりしたぐらいだけどパラグライダーって面白い!
立ち上げの時のパラが風をはらんでグッて引っ張られるような手ごたえが特に好き!
走り方、加重の仕方もなんか以前やったことあったような、、、

ウッ、アタマが…!

とにかく早く初飛び、あはよくば講習二日目で決めたい!
そしていっぱいソアリングして、尾〇くんっやさか〇ょーをぶち抜いたりしつつ楽しみたいなぁ!!!


ここまで読んで下さり、茶番に付き合って下さりありがとうございました!
それではまた足尾で~











posted by ハガ at 11:26| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

初飛びまでを振り返るの巻

おはようございます。ハヤブサのやっさんです。
2019/8/10の早朝にハングで初飛びをしたので、早速レポートを書きたいと思います。レポートというより、
備忘録に近いですかね。
一口に初飛びレポートといっても、それに伴って書きたいことはたくさんあるわけで、だいぶ長いです。
ってことで、順を追って・・・(以下敬語略)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1.起~最初の半年間~
1年のGWにみんなと一緒にハングを始めて、2年の夏に初飛び。多分これって遅いんだよね。少なくとも上の代を見ていると、
1年のうちに初飛びをするなんて当たり前だと思ってたし。
(ハヤブサのハングが異常に多くて、居残って頑張っているので、感覚がマヒしているのは内緒 笑笑)
ただ、何でここまで遅くなったのかというのも、ちゃんと理由がありまして、サボってたとか暇だったとかいう訳では
無いんだよという事を、改めてここでエクスキューズしたい。

まず、始めの半年間は何も考えずに、ただ毎週足尾に通ってた。これは、大学デビューに伴う勢い(爆笑)と早く飛びたい
という1年生全体の熱気と高校までに貯めたお年玉18万円があったからかなぁ。もちろん、気分が乗らない時もあったし、
惰性と勢いで何も考えずに半年間過ごしたのだけは覚えてる。
その結果、俺は貯金全額と引き換えに、ハングのA級を取得し、たくさんの友達を作る事ができたわけだ。
そして、テスト期間に入り、夏休みに突入し、俺はあることに気づく・・・・・


お金がない。


ま、そうだよね。お金を使うだけで稼ぐことを知らなかった自分は、この事実を受け入れ難かったわけですよ。
もちろん、バイトのことは常々頭に入っていたし、いつかお金が無くなってしまうことも分かってた。現に、6月~8月の間に
マックとドトールの面接を受けてたし。でも、土日をコンスタントに入れないってなるとなかなか採用してくれないんだよね。
ってことでバイトを始めたいのに始められないしお金は尽きるしで、正直やさぐれてた。
そんな中、受からなくてもいいやと、ふらっと受けにいった面接で、採用されてしまうわけですよ。これが、俺の生活を大きく
一変させることも知らずにね。


2.承~悪魔の5ヶ月間~
採用されたのは地元近くのHottoMotto。土日は隔週でなら入れますよといったら、あっさり採用してくれた。俺はバイトを探し求め
ていたのだから、嬉しいったらありゃしないよね。社会経験として、飲食店で働きたいとも思っていたし。んで、翌日。店長から電話。
「ヘルプで来てほしい」
わお。初バイト初出勤でヘルプ。まぁ人手が足りないから採用したんだろうしなぁ。行くか。
その日は無難に終わり、家に帰る。そして店長の言葉を思い出す。
「ごめんね、なかなか忙しくてシフト表が間に合ってないんだよね。組む前に予定言ってくれれば、その日は空けるから。」
ほぼリアルタイムシフト。へー、こういうところもあるんだ。融通が利くなぁ。
夏休みの間に仕事を覚えちゃいたかったし、お金も無かったし、9月は2週間免許合宿に行く関係で、俺は多めにシフトをいれた。
nasaSも行かず、砂丘も行かず(結局中止になったが)、ひたすら、働いた。今思えば、俺はあの時、見えない何かに追われていた。

秋学期が始まり、履修が決まる。
俺の大学生活の大前提は、学業優先。浪人してまで、行きたい大学の行きたい学科に入ったんだから当たり前だ。取りたい授業は取るし、
取ったら好成績を必ず得る。先々のことを考えて、履修を組んだらかなりハードなものになった。週3のバイトとこの量の授業。頑張るぞ
と意気込んだはいいものの、かなりキツイ。あれ、あれれ、足尾に行けないぞ?????

気付けば俺の生活はこんな風になっていた。
・授業量が多く集中力が限界。
・必修で外れの先生を引きまくり、1週間の課題の量がキャパオーバー。
 (実験レポート・英リスニング90分・独分和訳・解析学課題・英作文300字・英作教科書課題・統計レポート・C&Cレポート・プログラミング課題・・・)
・5分おきに授業のノートを取りながら他の課題を進めるマルチプレイ
・毎週土日に実労9時間シフトを入れられる他、週4シフトをお願いされる
・人手不足で客に怒鳴られまくった後、終電で帰って疲れ果て、家でぶっ倒れ翌日1限早起き。
・だが、意地でも成績はとる!


俺は秋学期の記憶がほぼないが、後から母親から聞いた話。「バイトと勉強ばっかりして、お母さん心配だったよ。」
そりゃ、足尾行けないわ・・・。
ただ、俺もバカではないので、厳しくなるだろうなってことは始まってすぐに察してたんだよ。10月中旬に俺が考えてたことは以下の2点。
・バイトを辞めても課題の量的に足尾に行くのは困難。むしろ、収入が無くなって遠目で見て不利に働く。
・週4で働けば月給は約11万。テスト期間まで続ければ40万は貯まり、講習費を除いても機体を買うことができる。
つまり、俺は早々に、春休みまで足尾に行かない事を決めてました。これが初飛びが遠のいた最大のエクスキューズ。
毎週毎週、MOSQUITOのミーティングで言う訳ですよ。
「今週足尾行くひとー??」
「ちょっとバイトが・・・」
しんどかった。ほんとに。この時まだTwitterやってなくて良かったわ。皆のつぶやき見てたら心折れてたと思う 笑笑
ただ、こんな生活をしていた中、とある待ち望んでいた事態が発生する・・・


3.転~新しい生活~
時期的な問題もあり、店先の客はどんどん増え、高校生のクルーは辞めていき、クレームはさらに激増。ついには警察沙汰になった。
いい加減この店を辞めてやろうと決心した11月中旬、ある一報が。


「この店を年末に閉めることになった。」


店長はいつものようにダラダラと私情を喋りだす。うるせぇ。そんなのどうでもいい。
「勝った」
このままいけば12月で35万。閉店してテスト期間まで1ヶ月。恐らく課題の量も減っていくだろうから足尾に行ける!ハングを再開できる!!!!
その後店長から聞いた話によると、この店自体が潰れるわけではなく、オーナー店から直営店に変わるということで、準備期間を設けると。
1か月のあいだ閉店させてもらうので、休業手当を出すから、続けて欲しいと。今まで結構ひどい目にあったので迷ったが、続けることにした。
結果それは大正解で、経験者ということで重宝されシフトの自由が利くわ、閉店期間で客も減って人手も潤って仕事が楽になるわ、
仲いい後輩がたくさんできてバイト行くのが楽しみになるわ良いこと尽くし。
新しく入ってきたクルーのひとに、よくオーナー時代はどうだったの?と聞かれる。色々話すと毎回驚かれる。と同時に、よくやってたねと、
真面目だねと。そうか、俺は真面目か。俺はあのくそオーナーに真面目噛ましてたのか。
バイト始めたての頃、何かに追われてた理由が、少しわかったような気がした。
なにしろ、ハングを再開することができた。
1月に約半年ぶりに足尾に行き、面子の貌変ぶりに驚き、中段が上達し、機体を買い、3月末には上段許可をもらった。
新歓期に入り後輩もたくさん入り(5人ともありがとう!)、梅雨が長くて多少グダったものの、テスト明けには初飛び許可をもらえた。
最高の春学期だったね。
今思うと、結果的に順調だったなと思う。春学期に毎週行ってたおかげで久しぶりの足尾にもすぐなじめたし、ちゃんと機体も自力で買えたし、
安定したバイトを手に入れられたし・・・

と、思うじゃん??


4.結~時は繰り返す~
無事に初飛びを終え、多少気分が乗っていたころ、バイト先から連絡が来た。
「重要な話があります。来れる方は、〇日の13時にお店に来てください」
Twitterである程度話題になっていたので、多少の覚悟はしていたが、閉店の話だった。予定日は9/30。法的にギリギリのライン。
他の店舗も紹介されたが、断ることにした。ブラックからホワイトまで飲食店の全てを経験した感じがしたし、何より接客から調理、発注、事務処理まで
全ての仕事をマスターしてしまったから、もういいかなと。下手に忙しい店に当たって客に怒鳴られるのも嫌だし。
と思ったら、急遽閉店が9/6に変更。法的にアウトだから休業手当だすって。

ん?休業手当?聞き覚えが・・・

ってことで、新しいバイト先を探すことに。あれ、順調に講習すれば、ハングハーネスが必要だぞ?キンパラ込みで10万超えて、、
んん??? この前申し込んだバイト先断られたぞ? 貯金も危ないぞ?? あれ、このシチュエーション去年も経験したような・・・・・


お金がない。


去年と唯一違うのは、去年を経験したというところですかね。あと、去年ほど秋学期の履修も忙しくならないかと。
まあ、何はともあれ、これから慎重に過ごしたいね。時間は限られてるから。成績とりつつ、バイトしつつ、ハングを楽しむと。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


落ちが付いたところで、これくらいにしようかな。疲れたし。今から閉店お疲れ飲みあるし。
書き始めたのが初飛び直後で、書き終えたのが一か月後か。やば。


最後までお読みいただきありがとうございました!!
よっしゃーハング楽しむぞーーーーい!(昨日のフライト楽しかったな。)

posted by やっすん at 17:21| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

砂丘がっっしゅく!

はじめまして、新入生の原田創大です!ハングやってます。初投稿なので温かい目で見守ってください(^_^)


まあ、このタイミングで投稿ということは普通の人なら何があったかわかるでしょう。夏の最大イベント...


​砂丘合宿


そう砂丘合宿があったのです!(タイトルからバレてる) 結論から言うと、めっちゃ......楽しかった!まず車で東京から鳥取まで一日かけて行く時点で楽しい(間違いない笑)ということで砂丘合宿の感想を日数順に追って行きたいと思います!


1日目

10時半にに東京出発

何故か自分は疲れすぎてほとんど寝てた気がする笑 けど、これだけは覚えている。まさかのヒッチハイクしている大学生を発見して乗せたことを笑本当にいるんだねヒッチハイクって笑 そして刈谷SA で一泊。事実です笑 車の中で寝たり、外の芝生で寝たり自由な感じで一泊。来年行くときは寝袋持ってこ笑


2日目

9時に刈谷出発

他の砂丘合宿に参加する人が乗ってる車を見つけるの楽しいよね笑

15時くらいに鳥取着。そして鳥取観光!はじめに砂の美術館へGo!南アジアの名所、壁画などが砂で出来ててクオリティがすごかった!そして子供が遊ぶような砂場で大きい人たち(足尾の人)がガチで遊ぶという側から見たらちょっとヤバい集団になった笑 実際に子供に見られて引かれてた笑、まあ楽しいから問題ない(そんなことない)。砂の美術館を堪能したら次に夕食!!!海鮮🐟が食べれるおはよう堂で食事。ここは取れる魚によってメニューが変わり珍しい魚も食べれる!!自分は縞あじをいただきましたー!大変美味でした!!そして泊まるところへ到着!常設テントがありテント一つにつき56人が泊まれる感じでしたー人生初テント寝泊まり⛺️ みんなと一緒にカードゲーム、人狼などやって楽しそうだった(お腹痛くて参加出来なかった笑笑)



3日目

起きたらまさかの雨☔️ テンション下がる⤵︎お昼まで待機⤵︎なので午後から開会式そして式が終わるとまさかの晴れ☀️午後から講習開始じゃ!!!風がずっと吹いているから風待ちなくずーっと飛べた〜〜まあ疲れるけどね笑。普段講習してるところの2倍くらい講習出来た気がする!そしてお待ちかねの夕食!3日目はビリーブという定食屋で食事 ここにはパワフルメニューがあって行ってみたら何がすごいのかわかるよー来年の新入生はは是非! 



4日目

起きたら大変な晴れ☀️☀️☀️来年砂丘行くときは日焼け止め必須だよ。講習も問題なく出来た!当たり前だけど環境が変わるとテイクオフ、ランディング、飛ぶ姿勢いろいろ変わって面白い!ずーっとぷかぷかして浮いていられる〜


5日目

4日目より涼しい気がする 5日目は午前講習で午後ミニ大会!!!そして昼休みパラの練習場所でパラ体験してきたー(勝手に遊びに言っただけ) あまり出来なかったけど最初の立ち上げ大変だった😢 そして大会!!!自分はターゲットって言うあるポイントに目指すやつで競いました! っっっっそそそしてーーー優勝しましたー!!!!!!!すげー嬉しい😆 協賛でスピードメーターもらえたし自分の砂丘は終わったも同然笑(まだ一日残ってる)



6日目

晴天☀️ 6日目は砂丘の草抜きに出来たら講習もあったけど風が吹いて欲しい向きと逆だー😭 結局座学になったけどもう5日目で割と満足してた笑 そして東京に向かって帰りまーす。おなじみ刈谷で一泊。もうどんなとこでも寝れる気がする笑


7日目

刈谷出発ー! ここで講習する人or砂抜きする人と帰る人でお別れー 自分はそのまま講習!


最後に

何度も言いますが砂丘合宿楽しかったです!そして砂丘合宿が成り立っているのは日本学生フライヤー連盟、鳥取県、参加してくれる大学、鳥取まで連れてってくれる先輩方などのおかげです、本当にありがとうございました!

posted by 横国モスキート at 01:07| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする