2020年05月31日

空飛んで実家まで帰ってみた

どうも~!みなさんこんにちは!
がっちゃんです!
コロナのせいでいろいろ大変な中ですが、みなさんはいかがお過ごしですか?

僕はというと暇を持て余してますデデン
(やらなきゃいけないことはある…)
なので、温存してた"実家XCした"ときのことについて書きました!

是非暇つぶしにでも読んで下さい~


本題に入る前にちょっと自己紹介。
僕は、ハンググライダーで空を飛べる、ということを除いてはごくごく一般の大学生である。
ハングを始めたころから、茨城県足尾山から福島県郡山市近くにある実家まで飛んで帰ることが目標だった。
そんな感じで僕の学生生活は空を飛ぶことにどっぷり浸っていたのである。

フライトレポート

フライトレポートといいつつ、ちゃんとしたものではないのでそこはご容赦ください。

まず、論より証拠ということで、その時の記録↓

XC記録:132km(自己ベスト更新👑)
滞空時間:3時間53分
最高高度:2507m(自己ベスト更新👑)


これはある春の日のこと、日本海に強い寒気を伴った低気圧がいたやら何やらで、サーマル活動活発、早い時間から南風が福島くらいまで抜ける予報だった。しかし、天気予報によると14,15時くらいから白河が雨予報だった。だから、この日の目標は最低烏山、天気の変化に注意して行けるとこまで行く、ということにした。

午前11:30にTO。
TO直後、サーマルヒット!
そのまま足尾山頂1000mまで上げた。
お、何か今日調子よくね?って思った。
加波山、燕の方に雲があったので移動、上げて雲底1400mにつけた。
移動するには低いかなと思ったけど、サーマルバンバン出てるし、雲も北方向に続いているので、フルVGで北上開始した。

しかし、意気揚々と発射したにも関わらず、高峯と板敷の間の山で500m弱まで下がったヒエー
こ、これは、意気込んで飛んでぶっ刺さるやつか…?
しかし、山の上には雲ありけり!
信じて進むとサーマルあり、いと上がりけり!
その後高峯について、雲底1500mまであげた。
この時点で、12時ちょいすぎ。
北上すんにはまだ早いか?&高度もっと欲しいなと思ったが、行く先々には雲があった。
北上すると海抜高度の上昇とともに雲底も高くなると聞いていた。
なら行くしかねぇ!
と茂木の町目標にVG引いて発射!
この時、場の風は南東風な気がしたので、高峯の一番右の尾根上を飛んでった。

道中一度1200→1600まで上げなおし、茂木の町到着!
XC自己ベストがXC初回の茂木の変電所周辺で足尾から27km程度だったので、おっ、記録更新だ!と思った。
茂木の町上空で雲底1700mまであげた。
次の目標は烏山。
茂木からは12,3km。
茂木-烏山間の低い丘陵地帯を超られるかが最初の壁と思っていた。
しかし、行く先々には雲があった。
よし!VG引いてゴーゴーゴー!

那珂川うねうねしてんなぁ。
あ、下見で見かけた赤い橋だ!
とか思いながら飛んで道中1300m→1800mまであげて、烏山着!
あれ、意外とあっけなくねって思ってしまった。

GPSで設定してた次の目標は黒羽。
那珂川沿い降ろせそうなとこいっぱいあるし、何より北には雲が連なっていた。
よっしゃ!VGひい(略

川沿いに飛んでたが、雲あってあがりそうなのは東の山の方だなと航路チェンジ。
しかしサーマルに当たらず徐々に下がっていく。
そんなこんなで、なかがわ水遊園から東に3kmいった山のあたりで1000m切った。
深追いは危ないと思ったが、冷静に考え800mくらいあれば余裕もって降ろせる準備できると判断。
そして、雲はあるからサーマルはあるはずだと信じ、ベースバーから伝わる感覚に意識を全集中。
少しでも浮きがよさそうな方へ、グライダーが吸い寄せられる方へと寄せていく。
すると、強めのサーマルヒット!!
待ってましたとばかりに、ガッとバンクかけてグリグリィッと回した。
そんで雲底2100mくらいまで上げきった!

人生二回目の2000m越え。
やはり2000m超えると世界の見え方が一段と変わった。

VG引いてグライド、黒羽を通過した。
14時前くらいだった。
地上から、現在福島市の方に雨雲の気配、白河超えて110kmくらい目標に飛んだら、的な無線が入った。
無論そのつもりであった、いや、気持ちはその先へと。

次の目標白河までは25kmほどだった。
25kmって考えると遠いな、行けるのかなとちょっぴり思った。
しかし、丘陵地帯の先には白河が見えた、待っていた。
気持ちを引き締め、白河の関、いざ越えむ!!!
白河まで降ろせるところは少なそうだったが、その中でも降ろしやすそうなところを探しながら飛んだ。

道中、湖に囲まれた宮殿を発見。
例えるならば、ドラクエのメダル王の城!!
まさに魔法の絨毯に乗って世界を冒険している気分になった。
小、中、高時代、ゲームの画面越しにしていた冒険を、大学生の今、リアルでしているんだ。
そう思った。
ちなみに建物の正体は、幸福を謳う某宗教集団の施設だった。

伊代野あたりからがっつり上げられるサーマルに当たらなかった。
そんな時でもステイしてるだけで追い風に流されて距離のびるって聞いてた。
だから、よわーいサーマルでもしがみついて高度をちょっとずつ上げ、歩を進めた。

辛抱しているうちに強いサーマルひって一気に雲底2300mへ!
雲底が違う雲が並んでたから、雲の横飛んで人生三度目くらいのブロッケン現象!!
いやぁ、もう何度見てもいいもんだね、これは!
薄っすらとした雲スピード出して突っきんのも楽しかった!

そうこうしてるうちに気づいたら白河着いてた!!!

とうとう福島県に入った。

そう思ったら胸が熱くなった。
目下の新幹線はまるで模型のようで、その線路は話に聞いてた通りめっちゃまっすぐだった。
白河はでかい都市だけど降せそうなとこもいっぱいで一安心。
足尾から90km、ここまで飛んできてしまったという驚き。

さあ、次に目指す場所はただ一つ。

大都市・郡山。

北には連なる雲。
背中を押すは南風。

人生柄、ここ一番となると緊張やら何やらで、失敗したり、上手く行かないことが多かった。
それは、その先の結果ばかり気にしてたからだ。
意識すべきことはそこまでの過程だった。
これまで同様、焦らず丁寧に上げ、グライドする、その繰り返し。

見知った町を眼下に、新幹線沿いに飛んで行く。
慎重すぎるなと思ったけど、+1m/sのサーマルでも拾って上げて流して進んでった。

須賀川らへんで高度2500m突破!!!

知ってるか、地球ってほんとに丸いんだぜ?🌏

郡山中心まであと20km弱。
行けると確信した。

景色を楽しみながらグライディング。
ふと西方を見た時、目を疑った。
山々の向こうに見えるのは海か!?
いやいや待て待て。
日本海が見えるわけがない。
そう、その正体は猪苗代湖だった。
海と見間違うほど迫力があった。

そして、午後3時、高度2000mで郡山に突入!!!
ついに、飛んできてしまった。
めちゃめちゃでっけぇ!!
この規模の都市の上飛んでるってやべぇ!!
って思った。

ブログ素材3.jpg
↑郡山上空2000mから空撮

さて、後は最終目的地である実家を残すのみ。
と、ここで問題が発生した。

あれ、実家、どこだっけ…?

当たり前だが地上の景色と上空からの景色はまるで違かった。
大体の場所は把握していたが、豪邸でもなくましてやランドマークでもない我が家は目立たない!
ここで思いついた。
通学路の途中にあった、長い長ーい坂道があった丘を探そう!

さて、どこかなっと…、無いな。

それもそのはず、冷静になって思い返せば、あの丘は高低差100mもなかった。
あんなに苦労してチャリで登ってたのに、空から見ればぺったんこのまな板絶壁状態だった。
あの頃はちっぽけな世界の中で生きてたんだなぁ。

次に思いついたのは、上空からも場所が分かってる所から実家までの道をたどっていく作戦!
これは成功した!
いよいよ、実家に向かって郡山駅から東北東方向にグライド。
対地1500m、距離6kmだから余裕。

グライド中、ハング始めた頃から今までの色んな思い出が蘇って涙目に…なったりはしなかった。
ほんとに来ちったなぁって思いながら飛んでた。

写真もパシャパシャ。
素材.jpg
↑ダムの真ん中の橋がおしゃれ

そして、対地900m、15時16分、ついに飛んで実家到着ぅ~🚩
時間にして3時間40分(鈍行で帰るより早い)、距離にして130kmの旅路であった。

達成感に浸る間もなく、行けるとこまで行くのか降ろすのかという二択。
もっと飛んでけたら凄すげぇよなって考えた。
がしかし、郡山以北の土地勘はない。
んでもって、欲張って調子乗ってやらかしたら洒落にならん。
と思ったから降ろすことにした。

事前にGooglemapで目星をつけてた実家近くの田んぼがあったが、実際段差や溝有りで降ろしずらそうだった。
そこで現在地から西の方、郡山市北部に目を向けると、降ろしてくださいと言わんばかりの田んぼ地帯が。
なので、そこに降ろすことに決めた。

途中で強いサーマルあたって上げたくなる気持ち抑えつつ、田んぼ地帯到着。
うむ、やっぱり広い。
障害物の確認を行う。
電話線や柵はない、ちっさい側溝にだけ気をつけよう。
丁度人が作業してたので目に留まるようにアプローチすることに決めた。

目印決めてそこで旋回し、流され具合で風向き判断。
南東風3~4m/sぐらいだった。
ちょっと手こずったが、無事に降ろすことができた。

ふーっと息をはいて、やっと一安心!!

機体を端に寄せ、地主さんに挨拶し、そうして僕の実家XCは終了した。

実家XCしてみた感想

ハング始めた時から、実家に飛んで帰るということ目標に頑張ってきたが、まさかこんなに早く達成できるとは思わなかった。
というのが正直な感想ですね笑
4年春で烏山40km、修士1年で白河90km、修士2年で郡山・実家130km達成!
みたいな計画だったので。
そのために暇そうな研究室選んだのに…ってのは冗談ですけど笑

何よりチャンスをものに出来たってのが嬉しいし、自信になりました。
思い返せばここまで平坦な道のりではなかったです。
ぶっ飛びまくりました。
たくさんのアルミくずを生みだしました。
大会で年齢問わず圧倒的にボコボコにされました。
しかしそれが、安全マージンやセンタリング等について見つめなおすきっかけとなり、意識して改善に努めたおかげで、この結果を出すことができたのだと思います。

そして、周りの環境に本当に恵まれてると感じました。
丁寧に教えて下さるイントラさんや社会人の方々、張り合え支えてくれる仲間がいました。
自分一人では決してなしえなかったことだと思います。
感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。


新入生のみなさんへ

ここまでで読んでくれた新入生がいたら、ありがとう!!
大学生活4年間はその気になれば何でもできるだけの時間があります。
やりたいことがあったら、お金、周りの目、役に立つかどうか、そういうの気にせず、好きなこと、自分の心の針が振れたことに打ち込んだらいいと思います。
これが僕が新入生に一番伝えたいことです。

最後に
次の目標はズバリ、ストレートディスタンス日本記録更新、です!!
足尾-実家の2倍弱の距離を飛ぶ必要があると考えると途方もないですが、挑みがいがありますね!
目標達成のためには、技術も知識も経験もまだまだまだまだ…足りませんが、楽しみながら頑張っていこうと思います!

ここまで読んで下さりありがとうございました!
それではまた、空でお会いしましょう!

p.s.
新入生の時、入部届内の"目標"の欄には
彼女の家(郡山)まで飛んで帰る!
と、うけ狙いで書きました。
実際LDした場所の住所確認したらなんと彼女の家があった地区でした。
なのでこの目標も達成したことにします、やったね👏
ま、今となっては元カノ、ですけどね。

終わり


posted by ハガ at 17:01| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

大変満足した一日でした

どうもー最近やりたいことやるべきことが多すぎてパンクしそうなはらだそーだいです!
1/17がめちゃくちゃ満足行く一日だったのでブログに残しまーす
センター試験の関係で金曜が休みになり初の平日足尾!天気予報では微妙な天気で今回の講習は講習場でハングハーネス講習するだけかなぁ…と思ってたら午前は晴れで講習場の風がよく、数えるのが面倒なくらいいっぱいできたー!しかも、この時期の講習場は講習生が少ないのみいっぱいできたおかげで午前中でハングハーネス講習終了!午後は飛べるかなぁ…と思ってたら風が強いとの噂が風に流されて流れてきた。まじかー​​、最近授業サボりがちなのが神様にバレたのかなぁ​ でも、人に迷惑欠けてないはずだから日ごろの行いはそんな悪いことはない(そんなことない)とりあえず山に行ってみよう!そしたらなんと東風穏やかだった!イエーーーーーイ!フーーーーーーーー!やっぱ、​日ごろの行いは良かった!いざ!ハングハーネスでテイクオフ!講習場でいっぱい練習したからテイクオフは問題なさそう!ヤベェフローターのときより早いこんなに変わるんだ感動 そして持ち替え!ノーズが上がっちゃたー次はもっと意識しよ。さてそんなこんなで講習場が見えてきたぞ。手を振ったけど気づいたかな笑 なにせいつもより高い感じが…まって高すぎない?!いつもより全然高い!後から芳賀さん聞いてみたらどうちゃらこうちゃらでぷかぷかしてたんだよーって言われました笑(全く内容覚えてない)ちゃんと勉強します。いつも通り橋の上で180度ターンを決めようと思ったらいつもと目線が違いすぎて全然行ってないのにターンしてしまった〜笑だからイタさんに講習場まで行っちゃえーって感じの無線入ったから講習場の方まで行きましたー。ただいま〜笑それでも高いからいっぱい旋回して合計9回も旋回できたCE5D2D62-70DC-48CF-A315-582758375E69.png

こんな感じー。一回で3回分くらいの練習内容だったなぁ。いよいよ足を抜いてファイナルアプローチ?と思ったらなんかレッグベルトあたりに違和感…まあなんともないだろうと思ってファイナルアプローチのために少し体を起こしたら…イタイイタイイタイイタイイタイイタイイタイ!!!!!!!!え!何!?と思ったらその時、ジャンパーのポケットに自分の家の鍵が入っててそれがレッグベルトによってめちゃくちゃ押されて鍵の先端が自分に向いていたせいで余計に痛く、ランディングよりも痛さの意識の方が強く早く降りたい早く降りたいと思いながらランディング。特にボディランすることもなくできたけどそれより痛い!こんなところでバチが来るとは思ってないよー…日ごろの行いが怪しくなったぞ笑まあ、なんとかいい感じに飛びきったし、講習場も風良かったし、空もいい感じで芳賀さんとかめちゃくちゃ飛んでたしみんな満足!最高だね!最後に、足尾飯!平日行ったから平日しかやってない店に行けた!くい亭っていう定食屋でメニューが不定で数量が決まってる感じでした。
71FA6AD0-4A2A-487C-854D-CF14472E4F9D.jpg
自分はこのメニューを見て、「肉詰めの袋煮?」
と思ったので頼んでみると
4CB07948-8B2E-4DD4-83A6-3CBF6EABC070.jpg
こんな感じのが出た。なるほど油揚げの中に肉団子が入ってる感じか。口にしてみると油揚げが吸った醤油ベースの甘辛だれがジュワッとでできて、肉団子による牛肉と玉ねぎの風味がすごく飛んできた。つまるところめちゃくちゃ美味しい!平日足尾の良さ理解した笑
あー、本当に満足した!
これからも飛び続けてソアリングをして空を楽しみたい!
あー、あと炊いたお米どうしたっけ…多分何もしてないから処理してくれた人ありがとうございます
てなわけで閉まらない感じになったけどまたね〜
posted by 横国モスキート at 16:54| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

ちょっと小話

こんばんわ。MOSQUITOのハヤブサのやっさんです。
部長になったということで、ブログを書きたいと思います。


個人的には、この前の忘年会で部誌を作り終えて、大変満足していたのですが、流石に何も書かないのは良くないだろうと思い、筆を取りました。ただ、あまり書くことがなくて困っています。

今まで心掛けてきたことは副部長引継ぎに、部長にむけて頑張ってきたことは副部長反省に、これからの意気込みは部長所信表明に全部書いちゃったものですから。

なので、今回は深く込み入った話ではなく、軽い小話でも書こうかと思います。
軽~く流し読みできる内容をね。



では、本題に移ります。



どうして私が部長になったのか。

これは、MOSQUITOのハヤブサが二人しかおらず、その相手がエレジーだったからです。
エレジーって誰?って人のために、軽く紹介しておきますね。


MOSQUITOのハヤブサで、本名は小山朗人。
新歓期にelementパーカーをきてたこと、名前を音読みすると”ろうじん”になることから、「エレメントろうじん」略して「エレジー」となべさんに名付けられた。
入部後、GW合宿前からハングの講習を始め、りくおー・せぱに続いて3人目に初飛びするんじゃないかと噂されていたが、夏休みにバイトを始めて以降、めっきり足尾に来なくなった。
その後、二年生になり後輩が入ってきてからは、少しずつ足尾に顔出しするようになった。そして順調に講習を進め、この前の12月に、ついに初飛びを果たした。
山飛びをしたことで飛びの楽しさを知った彼は、今、足尾欲が非常に高まっている



このように、飛びに関してエレジーは少し遅れ気味でした。
しかし、これは人に言えたことではありません。かく言う私も、初飛びは遅かったですし、大方彼と同じ道を歩んできました。
だから、同期がエレジーだったことを、私が部長となる所以にするには、証拠不十分です。

そこで、エレジーのもつ、もう一つの側面をご紹介しますね。



彼は非常にマイペースです。我々とは別の時空で生きています。

ひとつ、例を挙げさせてください。

柏セブンでアイスじゃんをするとしましょう。
ケースの中にカゴを置き、皆がそこへ欲しいものを入れていきますよね。アイスだったり、デザートだったり、冬は寒いので飲み物を入れる人もいるでしょう。そこへいきなり、エナジードリンクが投入されます。眠気を覚ますモンスターです。

彼です。彼の仕業です。
彼には空気を読んで値段を抑えるという概念がないのです。

そして必ずじゃんけんに勝ちます。負けません。
同期が負ければ値段を聞きます。レシートを見ます。笑います。

彼には空気を読んで値段を問わないという概念がないのです。

怖いです。恐ろしいです。これでは彼がモンスターです。

アイスじゃんを終えて、セブンを出るとしましょう。
そこで、あなたの携帯が鳴ります。緊急速報です。柏セブンに隕石が落ちるそうです。

「まずい!早く逃げなきゃ!みんなヨシダに乗り込んで!!!!」

駐車場へ走ります。鍵を開けます。ドアを開けます。乗ります。
急いでエンジンをかけようとした時、彼は言います。

ちょっとトイレ。

今かーーーーーーーーーーーーーい!!!!!!!!!



彼はそんな性格です。

ですが、私が運転するときは、必ず助手席に座って話し相手になってくれます。飛びのこと、運転のこと、授業のこと、なんでも話せる相手であります。足尾から横浜まで4時間以上かかるのですが、一切眠らず話してくれます。たとえそれがモンスターのおかげであっても、ありがたい事なのです。


他にも、ベンチで日向ぼっこしてたら寝落ちしちゃってミーティングに来なかったり「ついでに俺の分も買ってきて!」というLINEが翌日に既読ついたり、色々あるのですが、私が部長になった理由は、大方理解していただけたでしょう。



しかし、まあ、私が部長になるなんて、入部当初は考えもしていませんでした。

2人しかいなかったので、どちらか片方が部長なることは分かっていたけれど、1年の夏まではエレジーの方が活発だったので、てっきり彼かと思っていました。ただ、夏を過ぎたあたりから、だんだんと彼の性格が分かっていくにつれ、自分かなと思い始めました。そして、私が副部長になったときに、やっぱりそうかと確信を得たのです。

それから、一年かけて気持ちをつくっていき、いま、晴れて部長となりました。



最後に、大事なことを二つ伝えて、この文を終わります。


一つは、私は部長になることに関して、ポジティブです。決して消極的ではありません。部長という役職に就き、部を運営していくことに、多少の憧れも抱いていました。決して上で述べたことだけが、部長になった理由ではありません。

また、多くの不安もありますが、なんとかなると思っています。何かあっても、皆が協力してくれる確信をもっています。(だって、ねぇ。先輩・後輩みても、絶対大丈夫でしょ 笑笑)


二つ目は、この記事を通して、決してエレジーの事をdisっているわけではありません!!!

私は彼のそういう性格が好きです。彼がそういてくれるから、私も肩の荷が下ろせています。
私も彼もストイックではありません。マイペースです。一緒に初飛びが遅れた仲です。決して、思い詰めていなくなるような人たちではありません。今は一緒に飛びを楽しんでいます。片方が不安でも、もう片方が笑い飛ばすような仲です。

あ~MOSQUITOのハヤブサは安泰だなって、最近思うようになりました。世の中分からないものですね。



ってことで、小話は以上です。これから頑張っていきたいと思います!!

終わり!あけましておめでとう!!ぽ!!
posted by やっすん at 18:32| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

芳賀、部長引き継ぐってよ



みなさんこんにちは!
どこぞの同期とは違い中々のクリスマスケーキを作り上げたがっちゃん(=芳賀)です!

最近の高クオリティなブログ達に触発されたので私も一筆。

私事になりますが今日をもってついに、二年間務めてきた部長の座を退く次第となりました。
独裁政権終了のお知らせですね👏👏

この二年間、苦労はありましたが難なくやってこれたのは

ひとえに私が高スペックである

ということではなく、以下にのべる理由によるためだと思います。

ではその理由とは何なのか。

一つ目は、先代やあちらやそちらの元部長たちと違い同期に恵まれたことです
(ディスるのが本意じゃないんで勘違いしないでよね!)

先代の苦労話は本人から
はたまた足尾にいるとどこからともなく聞こえきたので、

入部1年目にして深淵を覗いた気がして得も言われぬ気持でした。

また、他のサークルでは同期のアクティブユーザーが全くいないor生き絶え絶えってとこもあって、いつ自分も同じ立場になるのかと思うと気が気でありませんでした。

しかし私の同期には、

パラ飛びまくり顔広すぎ仕事できすぎバイタリティありすぎオジサンホイホイの才女チゲちゃん

見た目が完全に30代のそれでかつては白メガネをかけてブイブイ言わせてたマイペースフライヤーのパパ

二人がいました。

3人で協力しあい負担を分散することができたことは大きかったですねぇ。


2つ目は、優しい先輩方に恵まれたことです。

マンタの1個上の代は全くいませんでした(正確に言うと若干一人いた)が、モスキートにはミンゴからOBまで、わたしたちのことを気にかけ、時にはアドバイスを下さったり、サポートしてくださる優しい先輩方がいらっしゃいました。

特に1年目で役職につき部の運営の仕方の右も左も分からなかった私たちにはとてもありがたい存在でした。


3つ目は、後輩の存在です。

冒頭に難なくやってこれたと言いましたが"後輩"についてが一番の悩みの種だっだと思います。
ああ、断っておきますが問題児がいた!とかそういうことじゃないですよ!(私の代ではね)

悩みとは後輩をどれだけ入れ、そしてどれだけ存続させるかということでした。

私たちの大学では部であるために一定の部員数を満たす必要がありました。
つまり、新歓が成功するか否か、それは私たちにとって部が存続できるか否かに直結していました。

新歓1年目は、ノウハウがあまりなく、手探りでやった結果、何とか必要最低数の3人確保することができました。
が、
早々に1人はグッパイ⤴(髭男ふう)
残る二人は前期は足尾に行ってましたが、後期は足尾でみかけた記憶が、、、?

しかし

週一のミーティングやイベントにはかかさず参加してくれて、仕事もしてくれたので、辞めちゃうかもみたいな不安はほぼありませんでした。
結果今の今まで頑張って空飛んじゃってるしね!

新歓2年目では、1年目の反省を活かせた新歓ができ、5人はいってくれました!
逆に多いと中には辞めちゃう子もいるのかなぁ、なんて密かに思ってましたが、みんな今まで残ってくれて、足尾に行ってくれてるし、本当にありがたい限りです!

優秀な後輩たちのおかげで、部の存続の危機は免れ(まだ一時的だけど)、部の運営していく立場としての不安は晴れていきました。


そして4つ目は、飛びを、足尾を楽しんでいたから、ですね。

部長だからといって、その仕事により忙殺されて飛びに行けない!
なんてことは全くありませんでした。
むしろ、快適に飛びにいくためには?足尾を楽しむには?
って考えてたら、
部やバンを維持しなくちゃいけない
そのためには部員が必要
部員を残すためには雰囲気が大事
良い雰囲気を作るには…
ってなって、自ずとやるべき仕事と一致したって感じですかね。

はい、ちょっとどころじゃなく美化しました!
こんなことを明確に意識して行動してたわけではないですが、無意識に感じて納得していたのではないでしょうか。

もし飛びも足尾も苦だったら、仕事のやる気なんか起こるわけないじゃないですか。
私にはそれらが楽しくてしょうがなかった!
んで、楽しさのためなら少しするくらいの苦労は厭わなかった。

結局この理由が一番大きい気がします!!!


以上にあげた理由が、今まで腐らずに部を運営を続けてこれた主な理由だと考えています。
また、ここにはあげてませんが、他の足尾人の存在も大きかったのは間違いありません。

まとめると、支えてくれる仲間たちがいたことも、飛び、足尾を純粋に楽しめたのも、ひとえに私が恵まれた環境の中にいたからだということですね。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
私がある環境の中にいることはつまり、私も誰かの環境の一部であることに他なりません。
ですので、今まで受けた恩はその中で返していこうと思います。


拙い文章ですが読んで下さりありがとうございました!

それでは、また足尾で~















posted by ハガ at 21:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

シリーズ学祭「モッフル奮闘記~あの成功は如何にして生まれたか~」

おはようございます。こんにちは。こんばんは。お疲れ様です。やっさんです。


今、自分は忘年会の部誌を作っていて、ただ今構成を考えている最中です。その中で、ぜひ「学祭」についても章を設けようと思ったんですね。なんせ、今年始めた一大イベントだし、「部」としての活動なわけだから、うってつけの話題じゃないですか。

ただ、一つ問題がありまして、ソースが無いんですよ。文章がない。誰かが学祭についてブログを書いた訳でもないし、目標とか、各部員の意気込みとか、反省とかがある訳じゃないし、残ってるのは、ちょっと気まぐれに撮った写真と立替レシートだけ(笑)。まぁその場のノリで決めて、勢いでやってたから当たり前なんだけど。

てなことで、どうするのかというと... 自分が書く!!

そのノリと勢いやらを必死に思い出して書くことにしました。嫌じゃないんで、文章書くのが。寧ろ好きかな?
主観がたくさん入ってますが、まあ部誌作ってるのに免じて、許してください(笑)。あぁこんな感じだったなーって
思い出してもらえれば嬉しいです。

そこで、一生懸命書いて部誌に載っけて はい終わり だと寂しいのでここにも載せることにします。学祭こんな感じで進みましたよー
って他の大学の人も見れますし。ってことでこの投稿に至ります。是非よかったら読んでください。

(ちなみに、いつも部誌にこのMOSQUITOブログも載っけているのですが、この投稿に限っては本編と学祭の章が一緒になっちゃうので
載っけないという、ややこしいことになります。MOSQUITOのwolken受け取る人で、ネタバレしたくない人は、本編を飛ばして後書きに行ってくださいm(_ _)m



----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
↑前置き↓本編
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

(今年行われた学祭ついて経緯等を、wolkenの中の人がブログ形式でお届けします。)



<1>

事の発端は確か6月末、とあるカワセミの子からの一言。

「え?!学祭やらないんですか?!やりましょうよ!!!!」

横国には、学祭が二つある。清陵祭と常盤祭。横国は昔キャンパスが移動したので、その時の名残らしい。清陵祭は何もしなかったよと、その横市医学部インカレ生の小暮君に伝えると、突如返事が返ってきた。
是非とも常盤祭は何かがしたい、いや、タピオカがやりたい。常盤祭で、タピオカを売りたい。

あまりの熱量に、一緒にいたMOSQUITO部員は一瞬、頭を抱えた。なぜなら、この部は、「学祭?そういえば今週末か。飛びに行こ\(´ -`)/ 」が当たり前だったからである。そこで、その議題は一旦もち帰り、(確か)ミーティングで話し合った。やりたいか、やりたくないか。
まぁやってもいいんじゃない?そんな意見が多かった気がする。

流れで学祭担当を決めることになり、かずとなつきが引き受けてくれた。
次は、何をやるか。食べ物を売るのか、売るなら何がいいか。VRで飛び体験をするという意見もでた。とりあえずたくさん案を出そうと話し合っていたところ、そうだいが餅ワッフルという提案をした。他の部員はほとんど餅ワッフルについて知らなかったのでキョトンって感じ。説明を聞いて、だいたいを把握。締め切りが近いこともあったので、なんとなくそれになった。
(ちなみにタピオカは、規制が厳しいという事でいち早く没になりました)

九月末までに、レシピや使う器具を確定させなければいけなかったので、夏休みに足尾で試食会をやろうという話になった。ただ、ワッフルメーカーをどうするかという問題があり、旅行があり、大会があり、結局グダって、8月は何も動かなかった。流石にやばくね?ってことで、急遽試食会を9月中旬に開催。肝心のメーカーは発案者のそうだいがとりあえず買ってくれた。



<2>

第一回試食会。カワセミ3人と自分。エレジーは来るって言ってたのに来なかった。んがぁー。昼頃正門に集まり、マイバスといなげやで買い出しをし、そうだいの家におじゃました。

試食会の目的は二つ。味を決めることと、作り方を確立すること。味に関しては、チョコレート・キャラメル・シナモン・あんこ・きなこ・チーズ・キムチ・はちみつを試すことに。作り方は、切り餅を半分に薄く切って2つにし、水に入れてレンチン。終わったら片方をメーカーに乗せ、味をのっけてもう片方で挟む。蓋をして電源を入れ、いい感じになったら出来上がり。

真面目にやりつつ、味混ぜてふざけつつ(さかなるプロデュース「チーズあんこキムチ味」)、クレヨンしんちゃん見て休憩しつつ(「テレビが壊れたゾ」)、半日かけて夕方に終了。4人で一袋食べきったので流石にお腹いっぱいになった。おつかれさま。じゃあねー。

浮かび上がった問題点は4つ。
1.浸す水の温度によって餅の柔らかさが変わってしまったり、挟む具材の水っぽさがまちまちだったりして、
 焼き時間が決められない。だから、同じ要領で量産できない。
2.ワッフルメーカーがベッタベタになる。ベタベタではなくベッタベタ。洗うの大変だったよ。
3.具材が焼いている最中にあふれ出してしまう。味にムラができるだけでなく、全体的に薄くなる。
4.そもそもワッフルって具材挟むっけ?隙間なくね???

第一回はこんな感じで、全然先が見えなかった。ホントに学祭やるのかなぁ・・・

とりあえず使う食材を10月頭までに決めないといけなかったので、ミーティングで投票を行った。試食会の報告も行い、その結果、チョコレート・キャラメル・あんこ・きなこ・チーズ・はちみつが残った。とりあえず次の試食会のためにそれらをメモ。生協から借りる備品の予約も締め切りが近かったので、必要なものを確認して申請した。
(この辺は本当にかずとなつきに任せっきりだったね。ごめんなさい!助かりました!!)

冷蔵庫を借りるのはは大変そうだったので辞め、その類の食材は使わないという
方針にした。「じゃあチーズは無理ですね~。」

2019-09-15 13.22.26.jpeg
(↑初代モッフル職人 なつき)



<3>

後先見えないまま食品と備品の申請を終え、10月半ば、第二回試食会。
人数も増えてみんなでワイワイ。メモを見ながら買い出しを終え、そうだいの家に再びやってきた。翼人さんがモッフルについて調べていたところ、どうやらレンチンしなくても上手に焼けるらしい。あと、SEIKINも昔モッフルやってたらしい。じゃあレンチンせずに試してみよう・・・


< < < 革命 > > >


第一回で苦労してた問題が全部起きなかった。焼き時間が5分で統一できる。ワッフルメーカーがベタベタにならない。具材も溢れず
上手く挟める。多少味のムラはあるけど、ほぼ完璧だった。やった!!兆しが見えてきたぞ!!

次は味について。
「チョコレートは味がうすい」
「あんこは無難すぎるか?」
「てか、きなこはどうやって使う?」
「ハチミツ微妙?」
そんな中、満場一致で言えることが一つあった。


< < < チーズうめぇ > > >


唯一塩気のある味だったからか、皆が口を揃えてそう言った。よっしゃ本番出してしてやろうと意気込んだが、無理だった。
「あれ、チーズ無理なんだっけ?」
「無理ですね~」
「冷蔵庫うんぬんでダメになったのか」
「なんで買ったんだっけ」


< < < 買い物メモ更新してなかった > > >


残念。チーズ諦め。美味かったのになー。

次は量産について。
一台のワッフルメーカーでモッフルを2つ焼くことができる。そして、一回焼くのに5分かかる。ワッフルメーカーを何台用意するか、
それは業者から借りるのか、誰かが買うのか。買うならば自費なのか部費から出すのか。モッフルは作り置きできるか。冷めてもおいしいか。
保温機があったとしても、食感は維持されるか。

話し合いの末、ワッフルメーカーはエレジーと小暮が追加で買う事になり、合計3台で店を回すことになった。また作り置きに関しては、モッフルをしばらく常温放置するとサクサク感が落ちて普通のお餅に近づいてしまう事がわかった。ただ、保温機の効能が当日にならないと分からなかったので、当日どれだけ質が落ちるかは何とも言えなかった。また、焼く前に味を挟むとなると、ただでさえ生産効率が悪いのに、注文された味がなければ提供できないってことになるので、焼いた後に味を挟む方がいいんじゃないかという結論に至った。

2019-12-03 20.57.02.jpg
(↑第二回試食会の様子)
2019-12-03 20.57.08.jpg
(↑試作段階のキャラメル味。焼く前に味を挟むとこうなる。)



<4>

てことで、第三回試食会。
目的は、パンフ用の宣材写真の撮影と提供方法の確立。初めは、今まで通り誰かの家でやる予定だったが、夏休みに足尾で試食会やるつもりがやってなかったので、そのリベンジで足尾でやることになった。ワッフルメーカーや材料をヨシダに積み、10月最終週に皆で足尾へ。

土曜日、夜ご飯の後に行う予定だったんだけど、正直、自分はちゃんと参加しなかったのでよくわかりません!!だって、同期と夜飯食べて帰ってきたら、シェフ(そうだい)がカレーパーティー開いてたんだもん。カワセミ仲良さそうでよいですね~(´ ∀ `)

ただ、宣材写真については少し口出させていただきました。カワセミの子が一生懸命ジェンガを組み立てて背景を作ってくれてたので、それをバックにパシャリ。せっかくお餅が白いのに、白いお皿に乗っけちゃったし、背景の床やジェンガは薄茶色だったから、あんまり映える写真ではなかった。だけど、締め切りも迫ってた(その日の0時までw)から妥協して提出した。本当はこの時までに、提供方法を完成させなきゃいけなかったんだけどね。

そんな感じで帰宅。全然収穫なかったなぁと思っていたんだけど、何と、実は芳賀さんが(多分次の機体来る前にDISCUS売っちゃったから飛べなくて暇だったので)日曜日にこっそり試食会やってくれてました!!!わーい!

「やっぱり味は全て後から挟む」
「チョコやキャラメルは全てソースを使う」
「バーガー袋的なものに包んで提供する」ことが一気に決まった。らしい。肝心の味は、チョコ・キャラメル・はちみつ・あんこきなこの4つに確定。あんこときなこを一緒にしたのが肝ですかね。そして、そうだいがソース類やバーガー袋を既にAmazonで注文してくれてました。ありがとう!


ここにきて、ようやく完成形に近づきました。学祭の一週間前。ギリギリだったなあ・・・

2019-10-27 00.35.59.jpeg
(↑カレーを作り終えて力尽きた そうだい)



<5>

注文したものが木曜日に届くというので、その日に最後の試食会を開催。学祭開始の二日前。お客さんに出す最終形を考える。
放課後集まって買い出しをし、今度は芳賀さんの家へ。チョコソース・キャラメルソース・はちみつ・あんこ・きなこ・バーガー袋、全てが揃っていた。

早速メーカーを温め、モッフルを焼き、まな板の上へ。

どういう風に切る?やっぱ斜めかな。三角形にして、ソースかけて、挟んで、バーガー袋に包んで・・・・・



「これいけるんじゃない?」



そうだいの注文したバーガー袋がオシャレだったこと・あんこを挟んだモッフルの断面が想像以上に綺麗だったこと・袋へのおさまりが良かったこと、色んな要因が重なって、クオリティが激増した。

この時、完全に空気が変わったのを覚えている。今まで不安要素が多くて、学祭に若干悲観的だったけど、もしかしたら成功するんじゃないか、某大学のポップコーンみたいな失敗はしないんじゃないか。そんな期待が一気に広まった。せっかくなら写真を撮ろう、ということで宣材写真をパシャリ。これがあのツイッターの写真になるわけですね。たくさんのいいね、ありがとうございました。

最後に、肝心な値段設定について。

試食会代、レンタル代、保証代、全部含めると60000円くらい。結構かかったねぇ。まあ初めてなので少しハードルを落とすとして、その3分の2の40000円を回収したいとなると、200個売る前提で、一つ当たり200円がベース。材料費は一つあたり50円かかっているので、250円が最低価格になりそう。利益を上げたいとなると300円が妥当かなって思った。もちろん200個以上売れれば、60000円全てを回収できるわけだし、さらに売れれば儲けたことになる。利益が出たら打ち上げいこうね。


これにて、計四回にわたる試食会が終了!翌日の金曜日に備品の買い出しをして、土曜日、いよいよ本番です!!

2019-10-31 18.47.10.jpg
(↑ツイッターに上げたモッフルの宣材写真)



<6>

11月2日、各自必要なものを持ってきて、拠点となるメインストリートの入り口に8時過ぎに集合。テントを設営し、備品を借りてお店作りをした。メニュー張ったり、看板立てたり、倉庫に埋もれてた机を引っ張り出してきたり笑。結構いい感じじゃない?

準備ができ次第、学祭担当のチェックを受けてから営業を開始できるらしい。チェックを受けるまでに、何回かお客さんがきました。

「もうやってますかー?」
「ごめんなさい。まだチェック待ちで・・・」

なんだか幸先よさそうだね!学祭担当早くきてーーー!!!

なんやかんやあって結局13時半くらいに営業開始。既にメインストリートには人がたくさんいて、けっこうな勢いでお客さんが来た。すごいすごい!想像してたのと全然違う!!全然生産が間に合わなくて、待ってもらったり整理券渡したりしてなんとかやりくりした。その結果、一日目の売上はモッフル約110個!!やったーー!!!このペースだと余裕で200個超えるぞ!

流石に11月にもなると日が落ちるのが早くて、17時くらいから暗くなってきた。学祭担当から電気の配線と電球のソケットは支給されたんだけど、電球自体は各自で用意するものだったらしく、誰も知らなかったので持ってきてなかった。だから、17時半くらいにはうちのテントだけ他の店と比べて明らかに暗く、装飾も相まって呪いの館と化した。売れてるからいいっしょってことで早めに店を閉めることに。18時解散。ホワイト企業の鑑・・・!

お店の締め方にもルールがあって、開封済みの材料は持って帰らないといけないとか、発電機はテントの中に入れないといけないとか、見張り番を付けないなら入り口はスズランテープで閉じないといけないとか、結構厳しいんだよね。ホントにチェックしてんの?って思うかもしれないけど、ホントにチェックしてます。だって、クーラーボックスに入れてたチョコソースは、翌日見事に亡くなってましたから。ちーん。
(おかげで2日目以降チョコ味が無くなりました)

帰りに近くのファミマに行って、反省&作戦会議。
生産が追い付かないことが課題にあがった。もともと調理時間が長いってのもあるけど、発電機を許容量ぎりぎりまで使ってたから出力が弱くなって、モッフルが5分で焼けなかったのが原因だった。このままでは効率が悪くてもったいないので、調理方法を変えることにした。ワッフルメーカーを一つ減らして電子レンジを繋げ、以前やったように、柔らかくしてから焼く。後から挟む方式に変えたから、多分上手くいくだろう。

そうそう、(多分この日に)OGの方々がきてくれました!のんさん、じまこさん、はまさん。
わざわざありがとうございました・・・!差し入れの焼き鳥おいしかったですよー!



11月3日、学祭二日目。芳賀さんが家から電子レンジをもってきてくれた。

午前中はあまりお客さん来なかったね。やっぱモッフルはおやつじゃなくてご飯かな?笑
ちょっと心配だったけど、お昼からは一日目のように大盛況!材料もたくさん買ってきたけど全然たりなかった!夕方には、その日の売上だけで200個超え。打ち上げ確定!やったね!味別でみると、あんこきなこが一番売れてたかな。キャラメルとはちみつは同じくらい。個人的にはキャラメルが一番美味しかったので少し意外だった。

明日もあるし、電球また忘れたし、早めに解散しましょう。学祭自体は夜9時までやってるんだけど、うちは余裕の18時解散。ホワイト企業の鑑・・・!


今日あったイベントは二つ。
一つは、翼人さんの親御さんが来てくれました。頼んだ味はあんこきなこだったかな。パパのパパとパパのママですね。
手土産でお菓子をいただきました。ありがとうございます!ミーティングのとき皆でつまみました。おいしかったです。

二つ目は、モッフルについて。終わり際に団体の人が来て、10個くらい頼んでいったんだけど、待ち時間の会話が衝撃の事実をもたらした。
「楽しみだなぁ」「てかモッフルってなに?」「なんだろう」「モ、モ・・・モナカじゃね?」「あー確かに。モッフルのモってモナカのモか」

  
< < < モナカ疑惑 > > >


いや、言われてみれば餅ワッフルというより餅モナカだなぁ。道理であんこきなこが売れるわけだ・・・



11月4日、学祭三日目。この日は自分がシフトに入っていなかったので詳細わかんないです。ごめんなさい。
前二日同様にたくさん売れたことと、上さんが来てくれたことは把握しました!

売上は十分だったので14時に営業終了!おつかれさまでした!!ホワイ(ry
(とはいえ、片づけをしなければいけなかったので来れる人は全員集合(自分もここで合流)。掃除したり備品返却したりして、終わったのは17時くらいだった。)

さあ、気になる3日間の総売上は・・・・・


< < < わかんない!!けど多分4万くらいの黒字!! > > >


はい。ちゃんと正確に数えてなかったんですね。特に一日目はスタートダッシュがすごかったもんで誤差がいっぱい。1個で300円、2個で500円にしてたから数えづらかったってのもあるし、忙しくて数え漏れがあったてのもある。途中でたくさん材料も買い足したし、値段もまちまちだった。正確に言えることは、黒字だったということ。ま、それならいいんですけどねっ!!


(ちなみに学祭の間、帰りに業務スーパーで買い出しを行っていました。スーパーからしたら、毎日終わり際に1kgのお餅6袋とこしあんを大量に買っていく謎の20代男性。完全に変出者ですね。3日目に関してはこしあんが在庫切れでした。僕らのせいです。ごめんなさい笑。)

2019-11-02 15.28.59.jpeg
(↑お店の外観。保温機の白熱灯が温かい空気を演出。)
2019-11-02 15.28.59.jpeg
(↑我らが画伯 エレジーが描いた黒板アート)



<7>

打ち上げだあぁぁーーーーーーーぁあああっ!!!!!
別日にするか迷ったけど、やっぱ当日よねっ!!横浜まで歩いてお腹を減らして、焼肉店へGO!!
売上はほとんどこれに使ったよ。部費に残したってすぐ消えるしね!美味しかったぁーーーーーー!!!!!!!!!

2019-11-04 19.29.49.jpg2019-11-04 18.07.52.jpeg
2019-11-04 19.05.18.jpeg
(↑地上で成功した足尾人の豪遊)


ってことで、来年もやる?

いや、それはまだわかんないぜ。


(力尽きたので終わります。長々読んでいただきありがとうございました。)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
↑本編↓後書き
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

はぁ。やっと書き終わった・・・
読むとあっという間なんだけど、書くのは3週間くらいかかりましたねぇ。学祭中に起こった小ネタは全部仕込めたと思うんで、楽しんで読んでくれたら嬉しいです。

書いている内にどんどん思い出して、書きたいことが増えていくんですね。それがブログの面白いとこで、多分書いてなかったら思い出してないんですよ。思い出さずに、消えていく。それって寂しいじゃないですか。こうやって書き留めて、部誌として残して、OB・OGになって忘れたころに「うわー懐かしっ」って思い出せたら、大成功です!



ってことで終わります。おやすみなさーい

(.....ってあれ、そういえば夏合宿もあったっけ。誰もブログかいてねぇなぁ・・・)
posted by やっすん at 21:54| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。