2019年11月11日

みなさんはじめまして!パラ講習始めました!

機体を失ってはや一ヶ月半…
その間私はなにをしていたのだろう。
あの日のあの行動を後悔したことは、ない。
ただ、あの判断は間違いだった。
そこから、ひいては自分の人生において、何かいろいろと間違いを犯しているのではないかという気さえしてくるのだ。


はい!みなさんこんにちは!
横国3年のがっちゃんです!はじめまして!
代はマンタで、昨日からパラ講習を始めました~
これからよろしくお願いしますm(-_-)m


なぜパラを選んだかというと、それは
・テイクオフしたらすぐにサーマルある
・場の風がなんであれ大抵東に出れる
・セットアップ楽
・飛んでる最中、自撮りとか食べ物食べたりできる
・ハイクアップしたい
・持ち運びが楽
な点に惹かれたからです!!
(あれ、これは僕の言葉なのか…?)


以下実際に講習してみた様子を記すというか備忘録!

ラインチェック
・ラインは上からA、B、C、ブレークコードの順
・途中でねじったりしないようにライザーを持った手の方向は一定
・最初は各ライン動かして大まかに絡みをとり、その後各ラインのチェック
・ブレークコードひっぱってトレーディングエッジのばす
・カラビナが起きてる状態で、Aライザーが外側向くようにつける
キャノピーの広げ方
・風と正対するようにおく
・左右対称に扇型に広げる
・真ん中から外側に順々にエアインテークをつまみながらしわを伸ばす
・端っこつまんでエアインテークを起こす
教訓 : 立ち上げが上手くいくかどうかはセットアップでほぼ決まる。

立ち上げ
・ハーネスを着る
・ライザーをうでにのせる
・ブレークトグルをもつ
・Aライザーの上部の赤と黒の境界線あたりをもつ
・腕のかたちはすしざんまいみたいな
・腕は広げた方が力ぬけていい
・風向き、自分、パラの中心が一直線になるように立つ
・左右のAライザーのテンションが等しくなるように、異なる場合は張ってる方に動く
・真正面をみる
・グッと加重をかけてパラを頭上にこさせる
・パラが頭上に来たのをカラビナの引っ張られ具合から感じとってAライザーを離す
・頭上のパラを目視、このとき足はとめない、加重やめない
・正面を見る
・弱風時の立ち上げは出だし力強く、立ち上がったらパラが頭上に来るのをスピードをちょっとゆるめて待ってあげる

走る
・ぴょんぴょん走るとパラがゆれたりテンションが抜けるので、腰の高さを変えずに走る
・腕が下がるとブレーキがかかっちゃうので基本立ち上げから高さ一定
・結構前傾
・方向を変える時は行きたい方向のブレークコードを引く

傾き修正
パラの真下にいるように
・機体があがった方のブレークコードを引き、下がってる方の手は上げる
・スピードのってるとその分安定するので、修正に気を取られて走るのやめない

止まる
両手を下に引き下げる、すなわちフルブレーク
・フルブレーク後も歩き続ける
・パラの動く方向によってく
・振り返るのはパラが頭上にあるとき
・片方のライザーをくぐって振り返り機体を絞って帰る

反省&課題点
Aライザーを離すタイミングがドンピシャじゃない
→カラビナが真上に引っ張られる間隔を身にしみ込ませる
・走ってる途中で腕が下がりブレーキかかっちゃう
→とにかく腕の高さ一定をつよく意識
・傾き修正の精度が低い
→数やって慣れろ
・修正中も走るスピード落とさず
→これも強く意識する
・立ち上げで傾いた時の修正の経験が少ない
→数やる


感想
まだちょっと浮いたりしたぐらいだけどパラグライダーって面白い!
立ち上げの時のパラが風をはらんでグッて引っ張られるような手ごたえが特に好き!
走り方、加重の仕方もなんか以前やったことあったような、、、

ウッ、アタマが…!

とにかく早く初飛び、あはよくば講習二日目で決めたい!
そしていっぱいソアリングして、尾〇くんっやさか〇ょーをぶち抜いたりしつつ楽しみたいなぁ!!!


ここまで読んで下さり、茶番に付き合って下さりありがとうございました!
それではまた足尾で~











posted by ハガ at 11:26| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする