2016年02月09日

暇な人向け

流体力学のテストがある人はこれを読めば満点です

よくわかるりゅうたいりきがく②
流れには層流と乱流があります。例えば風速0m(無風)のところにうみのが突っ込む場合を考えます。うみのが秒速5メートルで走った時、うみのからすれば向かい風が5メートル吹いてるのと同じです。ここでうみのから十分遠いところの空気は乱れる要素がないので(うみのからすれば)層流ですが、うみのの近くの空気はうみのにぶつかって乱れる場合があります。ここでうみのが速く走ると乱流になり、ゆっくり歩くと層流になります。
posted by 横国モスキート at 01:45| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください